2018年12月12日

12.12 RC自主練

前日に室内である程度慣らしておいて・・・



・・・ってやって自主練に持っていったけど、
最初のうちはうまくできず。
徐々にこれ??

・・・おぉ、こうか!?みたいな反応になりました。

2017年04月15日

04.15 RC自主練

「マットを踏むのが正解」

としてしばらく続けていたんだけど、

これをずっと続けていると・・・


・マットを踏もうとするあまりやたらと歩数が増える
・その分遅くなる
・そのうち下りで遅くなって、マット付近で加速→結果マットを踏まない


などの現象が出てきた。
チョパの表情を見る感じだと、
マットそのものに負の感情が出ていて、「ここを早く通過してしまいたい」
みたいに思ってるんじゃないかと。

嫌いな場所には近づきたくない⇒下りで遅くなる
嫌いな場所はさっさと通り過ぎたい⇒マット付近で加速

という感じ??

もしかすると続けていくうちにチョパが答えを見出して、
それがわかればスピードもついてくるのかもしれないけど・・・
その前に壊れてしまうのもこわい。
ランニングコンタクトなのにこんなイメージを持ってしまっては
本末転倒で、

ともかくまずはチョパに自信を持たせてあげようと、

マットをとっぱらい、

OKとする基準を「コンタクト踏んだらよし」

に引き下げた。(ただし、あまりにギリギリのはNG)

さらに自信をつけるため、煽って煽って走ることにした。


こうしてやーっと、歩数は多いもののスピード感は戻ってきた。

ですが、2回目のRCは失敗。


これを指摘すると、

次は慎重に踏むのでまた少し遅くなるんだけど。。

まぁ逆に言えば、どうすれば正解かはチョパも分かってきてるってことなので
このまま覚えていって、自信回復スピードアップにつながってほしい。


*これを書いてる6月現在、コンタクトに関してはミスする回数はかなり減ってきて
何をすればいいかは理解できている感じ。(ただし冷静なら!コーフンするととびます。)
ただ、スピードは戻ってきたけど、歩数はまだ多いまま。
【豪快に走ってスピード感ありつつのタッチゾーンはきっかり】
にもっていきたいんだけど難しいね〜

2017年03月05日

03.04〜03.05 RC自主練

RCの成功パターンと失敗パターンの動画。

とはいえ自主練でタッチゾーンを外すことはほっとんどない(まずないといってもいいくらい)
なので、失敗パターンというのは『タッチゾーンは踏んでるけどマットは踏んでない』
ことを言います。

まずは成功パターン


続いて失敗パターン

いつクリッカーを鳴らすかについては悩ましいところ、。
タッチゾーンは踏んでるので一応クリッカーは鳴らすんだけど
マットを踏んで無いときはボール投げるだけ、
マットを踏んでるとき(jackpotってやつね)はボール+牛の骨しゃぶりというごほうびにしてみたり。
マットの位置をあえてもっと下げてみたり。


それでも『失敗』が続くっていうのはよくなくて、
この頃はそこそこ成功していたのが、その後どんどん成功率が下がっていってしまった。
失敗が続くと連鎖するんよね。

どう成功体験を積み上げていかせるか・・・。
様子を見ながら、試行錯誤中です。

今は10メートル先におやつ、にするととりあえず冷静になってマットを踏むので
この成功体験を続けさせて、またボールに切り替えようかなと思っているところ。
(3月末現在)

2017年02月26日

01.17〜02.26 RC自主練

ふと思い立って、初歩の初歩からやり直してみることにしてみた。
【1月17日】

冷静な環境下では、「マット」のコマンドは理解できてるっぽい。


・・・と、ホントはこの後ウォークの下り部分を地面に置いてやったり、
ウォークを正規の高さにして下りのみで練習したり
ウォークの最初からするにしてもまずはごほうびとして
5メートル〜10メートル先におやつを置いたり…

という過程があるんですが、そこんところは動画に撮ってなくて、
いきなりフルドッグウォークのボール投げver.に移ります。

【1月29日】

この動画ではいい感じ。
なんだけど、どうしてもタッチゾーンの上の方を踏むクセのがるチョパ。

170228-1.jpg

そこでこういう風にして、タッチゾーンの中でもマットを敷いてある部分を
踏んでくれよー、というルールに。

170226-2.jpg

でも、こんなギリっちょ位置でマットを踏むことも多く、
こちらとしても踏んだのに踏んでないよーって言ってしまったり
踏んでないのにOK!にしちゃったり。。。難しいのよねー。

【2月26日】

そんな中、何度も動画撮影していて気づいたのが、
まず足の着く位置。ある程度固定されているっぽい。

170226-7.jpg

下りで、まず一歩目の前脚(たいてい右前脚)がついて

170226-8.jpg

二歩目の前脚は5番目と6番目のラインの間。


170226-9.jpg

そうするとタッチゾーンギリの位置あたりでまず前脚がついて、

170226-10.jpg

そしてさらにマット内に後ろ脚がつく。
これが固定されていけばいいんだけどねぇ。。。


さて、後ろ脚についてはチョパ特有の動きをします。
下り1歩目から2歩目にかけての、左後ろ脚に注目!

170226-3.jpg

DからEにかけて、左足が浮いたまま…

170226-4.jpg

2歩目の前脚が着いた後に、ようやく左後ろ脚が接地する。

170226-5.jpg


170226-6.jpg

要は、一歩目と二歩目の間で、左後ろ脚は地面に着かないらしい。

その後の競技会でも同じような足使いをしていたのだけど
以前はこんなふうにはしなかったので
おそらくマットを踏むためのチョパなりのテクニック?
ただ〜・・・・

この足さばきで固定してくれず、うまくいくときはかなりの頻度でマットを踏むのに
ダメな時期になるとほとんど踏まない。
タッチゾーン内の上の方ばかりになってしまって、
「それ、違う!」と指摘すると
ものすごーく遅くなったりの繰り返し。

タッチゾーン内の上の方を踏むってことは、どこかで小股になってるからだと思うんだけど〜。
いっそもっと一歩を大きく走ってくれたらちょうどいいのに!!

せっかく最初の基礎からやり直しても、やっぱり固定するには至らず。
うーむ。難しい!

2015年03月11日

RC練メモ

一ヶ月ほど前から、自信をなくすとトロトロ・・・と歩くような下り方になっていて

あまり叱らんようにしようということに。

でも、今度は全くそういう態度を示さず、失敗したら無視(無反応)してやり直し!
というスタイルにしたんだけど
それでも失敗した事に気付くのか、

次に走るときはトロ・・・トロ…トロ・・・。

ううーん。そういうとこは繊細なシェルティめ!



・・・と、思っていたんだけど・・・・。


『繊細ですよアピールすれば許してもらえると思ってる』
説が出てきた。

そこで今度は、トロトロしてもこっちは知らんよー。ちゃんとやるべき事をしなさい!
そんなことでチョパを元気付けたりおべっか使ったりせんけーね!
という意識を持つことにした。

チョパの完全な理解に至るまでは、長そうだ。
本家ブログ
シェル使いシェル使いレンズなオカマのsamu箱
ittan.jpg
点チョパ子(2012.08.02〜):いったん亡き後迎えた子は、鼻の長いどんくさ系女子だった!チョパはモノになるのか?!点チョパ子の”点”は、姓名判断の画数によるもので読みはチョパコです。

ittan.jpg
いったんもめん(2004.12.19〜2012.10.04):世界大会2度出場!だけどリンパ腫のため7歳で他界したかわいい大好きな子!

toto.jpg
ととろん(2001.07.31〜2011.12.08):アジを教えてくれたマイペースな女子。

una.jpg
うなぎーぬ(2004.01.18〜2019.01.09):不摂生なのにそこそこ長生きをした、イケメンうな様

新着記事
(12/31)点チョパ子競技会記録
(12/30)いったん競技会記録
(08/24)06.26 チョパアジ練(543回目)
(06/23)06.23 チョパアジ練(542回目)
(06/12)06.12 選考会inドラハ
(06/05)06.05 チョパアジ練(540回目)
(06/02)06.02 チョパアジ練(539回目)
(05/26)05.26 クラブ in ドラハ
(05/22)05.22 チョパアジ練(538回目)
(05/19)05.19 チョパアジ練(537回目)
最近のコメント
10.19 いったんアジ練(333回目) by さむ (12/25)
10.19 いったんアジ練(333回目) by なつき母 (12/20)
09.28 FLAP杯inどんぐり村 by さむ (10/29)
09.28 FLAP杯inどんぐり村 by モニパンかーちゃん (10/26)
07.12 いったんアジ練(302回目) by さむ (08/26)
最近のトラックバック
カテゴリ
アジリティー競技会(148)
点チョパ子アジ練(186)
点チョパ子とランニングコンタクト(38)
模擬・練習会・コンペなど(38)
セミナー(5)
いったんアジ練(145)
世界大会(2)
ととアジ練(79)
うなアジ練(7)
記事検索